空き家対策

少子高齢化や人口の減少、相続問題などで空き家が増えています。

私が住んでいる街は、小学校まで廃校となっています。

その廃校が地域のコミュニケーションの施設として利用されています。

今年からこの施設に子育て支援の施設ができました。同時に、赤ちゃんを育てている世代の人たちに街に移り住んでもらおうと専用のアパートを建てています。家賃も格安とか。

また、相続人がいなくて古ぼけた農家を古民家レストランとして活用している事例もあります。

また、外国からの観光客が増えており、東京だけでなく地方にも外人さんをよく見かけるようになりました。

彼らの今、隠れたブームが日本の農家で過ごすことだそうです。

先ほどの農家を宿泊施設として、イチゴ狩りとか芋堀りとかの体験宿泊を企画すれば、海外からのお客様が増え、街が活性化する可能性もあります。

宅建

関連記事一覧

オンライン査定のメリット

不動産売却には仲介を頼んで売却する方法と、直接不動会社に買い取ってもらう方法の2つがあります。 不動産会社に直接買い取ってもらう場合は、仲介...

宅建

宅建とは略称で正式名称は「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者」といいます。 宅地建物取引士資格試験に合格して、都道府県知事の登録を受けて...