空き家対策

少子高齢化や人口の減少、相続問題などで空き家が増えています。
私が住んでいる街は、小学校まで廃校となっています。
その廃校が地域のコミュニケーションの施設として利用されています。
今年からこの施設に子育て支援の施設ができました。同時に、赤ちゃんを育てている世代の人たちに街に移り住んでもらおうと専用のアパートを建てています。家賃も格安とか。
また、相続人がいなくて古ぼけた農家を古民家レストランとして活用している事例もあります。
また、外国からの観光客が増えており、東京だけでなく地方にも外人さんをよく見かけるようになりました。
彼らの今、隠れたブームが日本の農家で過ごすことだそうです。
先ほどの農家を宿泊施設として、イチゴ狩りとか芋堀りとかの体験宿泊を企画すれば、海外からのお客様が増え、街が活性化する可能性もあります。

宅建
机上査定と訪問査定

関連記事一覧

アパート経営のメリットに対する意見

1. 金融機関からの借入で自己資金以上の投資が可能 これはアパートを担保にして借りるからでしょう。前提としては、家賃で返済金を稼ぎ出すという...

アパート経営とサブリース

空いている土地にアパートを建てる。資金は全額ローン。返済は賃貸収入で賄える。賃貸収入は不動産会社が100%全額保証している。 これがアパート...

不動産投資について

不動産投資とは、物件を購入する費用を元手に家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)のトータルで利益を見込む投資です。 インカム...

マンション売却で知っておきたい5つのこと

1. 余裕と計画性を持つ マンションは高額の為すぐには売れません。 一般的に売却期間は3か月が目安ですが、3か月たっても売れない時は売れませ...

土地価格の相場や評価額を知る方法

土地の価格は4種類あります。これを一物四価といいます。 さらに、不動産鑑定士の鑑定評価額を加えると五価となります。 1. 実勢価格 2. 公...