宅建

宅建とは略称で正式名称は「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者」といいます。

宅地建物取引士資格試験に合格して、都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引士証の交付を受けた者のことです。

宅地建物取引士という免許証は5年に一度の更新が必要です。しかし、宅建試験合格は一生有効なので、1回宅建に合格すれば、自分のスキルとして一生使えます。

宅建は業務独占資格です。宅建士ではないとできない業務があります。

それは、土地・建物」の売買、仲介を行う際、宅建士が重要事項の説明をしなければ、取引が完結しないのです。

資格をもっていると勤務先の不動産会社では手当てがつくとほとんどの紹介記事にかかれていますが、宅建士の私の場合、中堅の不動産会社に勤めていたのですが、資格をもっていることが当たり前ということで手当ては一切ありませんでした。

私の場合は、大学の専攻が民法で、不動産会社に入社したので、入社した年に試験を受けて合格した次第です。ただ、業務が経理だったので、結局登録することはなかったですね。

ただ、転職する際には大いに役に立ちました。宅建業を営むときは、5人中1人は宅建士でなければならないんですが、この不足要因としてヘッドハンティングされまして、初めて登録しました。

資格は一生ものですから、どこかで役に立つものです。

オンライン査定のメリット
空き家対策

関連記事一覧

オンライン査定のメリット

不動産売却には仲介を頼んで売却する方法と、直接不動会社に買い取ってもらう方法の2つがあります。 不動産会社に直接買い取ってもらう場合は、仲介...

空き家対策

少子高齢化や人口の減少、相続問題などで空き家が増えています。 私が住んでいる街は、小学校まで廃校となっています。 その廃校が地域のコミュニケ...